2012.09.14

まさか、引き出しに!


 我が家のペット騒動のほとんどが「雪次郎がいない?」
 過保護だと思うが、聴覚を失い、母猫に捨てられた彼が不憫で、どうしても”守ってやりたい”という気持ちになる。
 一方、雪次郎はそんな我々の気持ちがうっとうしく感じるらしく、時々行方をくらます。ゆったりと孤独を楽しみたいのだろう。
 しかし、狭い家の中、どこに隠れているか、総て把握しているつもりだった。まさか、引き出しに隠れていたとは!・・・・しかし、雪次郎は何をやっても絵になる。
 もしかして、近々ゲームに登場か?・・・・待ち遠しい!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/84-f64255c5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する