2012.07.20

クラフトクラブ

 私は「八街クラフトクラブ」の会員です。会員となるきっかけは、立身流剣術で使う袋竹刀について相談した事から始まります。そのとき、皮とレシピを渡され、自分で作ってみるように言われました。この時、皮革工作の楽しさに魅せられて会員になりました。現在ベストを制作中です。
 「日本刀ケース」「ショルダーバッグ」と作り、次の作品を考えていたとき、昔懐かしい西部劇をテレビで上映していました。カーボーイのベストがとてもクールなので先生に聞いた所「簡単に作れるわよ!」この「簡単に」の意味をもっと深く考えるべきだった。
 作業手順は簡単です。先生の作ってくださった型紙の通り皮を裁断し、先生の指示通り縫い上げていけば良いのです。2㎜間隔の糸穴に糸の両端に針を通して「本縫い」という手法で縫い上げる。これだけです。
 集中力の長続きしない私はしばしば糸穴を間違えます。解かねばならない時の絶望感・・大声で叫びたくなります。このような時ほっとするのが、耳に入る仲間の会話です。会話を聞いて「自分はなんと無知なんだ」と思うことが沢山あります。多岐にわたる会話の中から、私が実行している事・・レモンを凍らせて料理にスライスする・さらさら蜂蜜を作る・・・炊きたてのご飯を凍らせて保存する、等々、おかげさまで妻の不在の2週間、全く食事の心配はしませんでした。
 これからも、作業中ちょっと聞き耳をたて皆さんの会話を聞き、お話に参加し、自分の視野を広げたい。
 それにしても私のベスト、いつ完成することやら!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/47-3a20a049
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する