2017.11.10

二人展

 立身流の剣友 山田 市郎 氏(篆刻)と氏の中学校時代の同級生 兼坂 瞳 氏(絵画)の二人展が銀座の「ギャラリー暁」で開催されております。(11/6~11/11)
 私の篆刻のイメージは四角い小さなハンコという貧しい知識しかありませんでした。ものすごい迫力で迫る作品に圧倒されました。削る、彫るという作業は私自身、刀の鞘や柄を見様見真似で彫った経験しかありませんが、そんなレベルをはるかに超えた、ものすごい集中力と忍耐力と芸術的センスで製作されたものと敬服しました。
 兼坂氏は印西市(旧印旛村)岩戸にお住まいです。印旛沼への思い入れが深く、たくさんの作品『印旛沼からの手紙』にその思いを感じました。思わず確かめてみたくなる立体感ある兼坂氏あての「はがき」、迫力ある「矢」沢山の作品に登場するこれらは氏がとても大切にしているものなのでしょう。
 素晴らしい作品に触れたこの日の稽古は気合が入りました。
a href="https://blog-imgs-116.fc2.com/n/i/n/ninjiya/P_20171109_135208.jpg" target="_blank">P_20171109_135208.jpg
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/406-091e64ba
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する