2015.10.04

鹿島神宮

 日本古武道交流演武大会(主催:日本武道館・日本武道協会)が本日、鹿島神宮 社殿前特設演武場で開催されました。これは鹿嶋市市制施行20周年記念として鹿島神宮奉納するもので今年で第6回をむかえます。
 全国から35流派(150名)参加。立身流からは宗家以下6名が参加しました。八街支部からは石毛さんと私が参加しました。
DSCN3626_20151004171116265.jpg
演武時間は1流派入退場含めて8分という制約があります。立身流では居合・剣術・宗家演武をそれぞれ2分30秒づつ演武することにしました。
 昨日、鹿島神宮内の武徳殿で実技交流会が開催されました。これは本番前のリハーサルといってよく、演武時間7分経過するとベルが1回鳴り、8分経過すると2回鳴ります。
 立身流の演武では8分以内に終了しました。
18:30から新仲屋で懇親会が開かれました。150名以上が一同に会すると壮観です。
DSCN3625.jpg
立身流のテーブルには兵法タイ捨流の皆様とご一緒しました。皆さん熊本からお出でになったそうです。立身流宗家のお隣の方が第15代宗家 上原エリ子藤原英定氏です。
DSCN3624.jpg

 本日の特設演武場は本殿の真ん前に設置され武道の神様の御前で演武する感激に身が引き締まりました。
DSCN3633.jpg
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/319-a5824ab2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する