2012.05.27

ノルディック ウォーキング

 ノルディックスキーのシーズンオフのトレーニングとして、ノルディックウォーキングは生まれました。しかし、普通のウォーキングのエネルギーの25%以上消費し、全身運動であり、さらに足首、膝、腰の保護となることから近年愛好者は増えております。
 私は8年前からの愛好者です。しかし、1月に長刀の稽古中に背中を痛め左腕があがらなくなってから中断していました。最近、犬の散歩中にノルディック ウォーカーに会いましたので話しかけてみました。その方はリハビリとして初めたそうです。「そうか・・リハビリとして実践してみるか」 再度トライ!
 10分程経過するとものすごい痛みを感じます。(左肩甲骨のあたり)左腕だけ引きずったり、ダンベルウォーキングのように保持して歩いていたとき発見しました。
 ノルディックウォークのポールを握った掌はジャンケンの「ぐう」で握って、「ぱあ」で離す。この連続動作です。この握るとき、立身流の刀を右側に保持するように軽く握る、(指はほとんど伸ばしたまま、第一関節あたりで)離すときも自然に離す。すると痛みも感じず、ポールは立派に歩行の役に立っています。
 「力を入れなくとも大きな効果を上げる事が出来るのだな」突然、立身流の伝書の一節「自らの手本柔らかに、他の打ち所強く」の一節が浮かびました。思い切り刀を振れない今だからこそ、軽く握って、軽く振って最大の効果を上げる技術を身につけたいものです。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/31-bc3dd514
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する