2012.05.08

交流稽古

 ゴールデンウイーク後最初の稽古会、心配していたのですが7名が出席しました。休日が続くと稽古を欲して気持ちも体もうずくのでしょう。この日からマジョルカ島のアマダさんの妹マルガさんが参加します。(ガムンデイとゴンザロは9日まで東京)
 先週の火曜日、マジョルカ剣士は宗家から徹底的に基礎をたたき込まれたそうですので、良い機会です。八街支部の会員も一緒に基礎稽古をしました。
 二人が向かい合い、道場いっぱい歩く、前進するパートナーに呼吸を合わせて後退する。相手の動きに合わせて抜刀する。今度は自分が前進し、抜刀という同じ動きの繰り返し。見ていて心身共に緊張しているのがよくわかります。前進・後退の足踏みと姿勢(身構え)は立身流ではとても大切です。さらに自分の刀線の動きが確認できます。「呼吸を合わせる」ことはとても大事な事です。こういう動きの中から何か会得してくれると嬉しいですが。
 この日は基礎稽古で終わってしまいました。彼女達には物足りなかったかな?と思ったのですが、「とてもhappy」の一言で救われました。マジョルカ島剣士の目的はとにかく基礎を学びたいの一言に尽きるようです。
 この日はとても意義ある交流稽古でした。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/26-1f82fb30
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する