2014.05.31

ローマ人の物語

 前回「初めての入院」で久しぶりにブログを更新。なんと、その日にスペインの剣友から見舞と激励のメールが届いたのです。見てくれてるんだなあ。でも、どうして日本語を読むことが出来るんだろう?
 昨日、妻は久しぶりに自分の用事で外出。留守番も大切な仕事、1か月間たまった録画を整理しながらふと感じたこと・・・(病院の方が時間の過ぎるのが早かったなあ)その原因は読書でした。
 『ローマ人の物語』塩野七生 (新潮文庫 全43冊)今まで何度もトライして途中で挫折・・『退院するまで絶対読破するぞ!』デイルームの窓際が指定席になりました。読み進むごとに見つける新しい発見。この本は、紀元前753年に古代ローマが成立してから紀元後476年に西ローマ帝国が終わるまでの1,000年間を各時代の為政者にスポットを当て塩野七生さんの独特の語りで示してくれてます。有名なカエサル(シーザー)とクレオパトラとの関係・・・彼らの絡みが週刊実話のように知る事が出来るのは、しっかり当時の記録が残されているから。ローマの歴史の古さを改めて感じました。
 マジョルカ島の剣友ガムンデイさんからいただいた石投帯(オンダ)も登場します。古代ローマの軍制では、もっとも装備の軽い歩兵の武器は石投帯と棍棒だそうです。紀元前57年のベルギー人との戦闘で「マジョルカ島の石投兵」の活躍が記されていました。オンダを教えてくれた先生が、古代の戦闘でマジョルカ兵が大活躍をした話をしてくれましたが本当だったんだなあ。怪我が回復したら再びオンダの稽古に励み、古代ローマの軽装歩兵の気持ちを体験したいと思います。
 ローマ人の物語はあと3冊残っています。気持ちを奮い立たせた最後まで読み終えるつもりです。
DSC00126.jpg
『ローマ人の物語』塩野七生 新潮文庫 NO、9 P136
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/223-deb985cd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する