2013.08.11

俺って天才?

 昨年の夏、『一本のリード』で紹介しましたが、二匹の犬を連れての散歩は各リードをつなげて一本にして散歩しています。これだと両手にリードを持っている時よりもはるかにリードの扱いが楽になります。しかし、背中に廻ったリードや足に巻き付かれたリードを戻すのに非常に苦労します。背中周りの筋肉の硬化や足回りが老化している事を思い知らされます。
 ある日、アンドラで購入したステッキを持って散歩にでかけました。歩きながらの片手素振りでもして変化を付けようと思ったのです。思いついて、ステッキの鹿の骨のグリップをリードのジョイント部分に差し込んでみました。なんと犬たちと私の三位一体となった楽しい散歩が出来るようになったのです。
 まず、リードが犬や私にまとわりつくことが非常に少なくなりました。まとわりつきそうな時はステッキを地面に着く位下げるか、逆に高く掲げればよい。
 今まで二匹同時のパワーに負けていましたが、不思議です。彼等のパワーはステッキに吸収され、私からのパワーはステッキを通じてより強力に彼等を圧する。
 可動範囲が広くなりました。安全な空き地で縦横それぞれ180度に開いて自由に歩いている姿はとてもきもちよさそうです。
 自宅に帰り、妻にステッキの効用をひとしきり話した後「俺って天才だべえ」と言ったら、笑いながら「そうだ」「そうだ」
sannpれf="http://blog-imgs-62.fc2.com/n/i/n/ninjiya/IMG_0384.jpg" target="_blank">
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/161-e5c6d6fc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する