2013.04.10

物忘れ

 妻に「何を飲む?」と聞かれ「・・・・」コーヒーと言う言葉が出てこない。しばらく沈黙の後、やっと「コーヒー」と言えた。「これって失語症かな?」「そういうのを認知症って言うの」『やっぱり』・・・とにかくこの頃物忘れが激しい。
 とっさに言葉が出てこないだけでなく、運転免許証、保険証、財布、メガネ、携帯、など、など、そして外出間際に慌てて探すから信じられないつまずきをしたり、とんでもないものにぶつかる。今に大けがをするだろうなあ。
 自分に腹が立つ事
(1)重要な書類や出欠席の返事を出す葉書を『説破詰まって慌てないようにここに保管しておこう』としまってあるのにイザそのとき、その場所がわからず、絶望感に浸る。
(2)気持ちよく作業をしていて、ちょっと中断・・・さあ始めようとするとき、今まで使っていた道具が見あたらない。この頃、作業よりも道具を探す時間の方が長い気がする。
(3)日記が二日中断すると思い出せない。妻に「二日前何したっけ?」と聞く。すらすら答える妻を見ると・・・・・
 このまま絶望の坂をまっしぐらに駆け下りたくはない。そこで
 置き忘れの防止。ほとんど無意識に置くから忘れる。意識して置くこと(声にだして)、当たり前だが置く場所を決める。ここ1週間、デジカメと携帯だけ探したが他はナントカ平和を保っている。
 作業で道具をどこに置いたか解らなくなるなら置かなければ良い。植木屋さんの道具ホルスターにヒントを得て、一番使用頻度の高いナイフを首からぶら下げるようにしてみた。作業は順調・・・さらに沢山の道具ホルスターを作る楽しみが増えた。
 物忘れに神経質になりすぎると、更に激しく忘れるそうな気がする。「忘れて当たり前」と居直り、忘れて困ることは『書こう』メモを置き忘れるかも知れないが。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/140-1fc18c3f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する