2013.03.30

桜の下をノルディック

 八街の用草(もちくさ)の桜並木は既に何回もマスコミに取り上げられるほど有名です。この桜の下をノルディックウオーキングで散策するイベントがスポーツ振興課の主催で3月30日(土)に開催されました。当初は4月6日(土)に計画していたのですが急遽変更。おかげで満開の桜の下を約6.6キロメートルを参加者の皆さん楽しく歩きました。
IMG_0188.jpg

 この日、桜は満開、しかし気温は花冷えの肌寒さを感じます。参加者は20数名、ほとんどの方が初めてノルディックポールを握った方です。初心者にはスポーツ推進委員の方々からポールの使い方や、長時間のウオーキングの注意を受けてイザ出発です。
 ノルディックウオーキングは難しい事は一つもなく、自然にポールを握って歩いているだけで運動量は増大し、全身運動で効果を上げる事ができます。私も今は肩こりに悩むことも無くなりました。
 途中休憩の皆さんのはつらつとした笑顔がうらやましい。私はこのイベントを楽しみにしていたのですが、残念、既に予定がありました。素晴らしい写真を沢山提供して下さったスタッフの方、有り難うございます。
 
IMG_0224.jpg

 八街市のノルディックウオーキングの指導員の中村さんと古市さんです。本当は1月3日の「新春欲張りノルディック」の時、3ショットで紹介したかったのです・・が『八街市スポーツ推進委員会Facebook』を検索すると、この時の3ショットが掲載されてます。あのまぶしい太陽の下で良く撮れたなあ。
 八街市はまだまだ自然が豊富です。新緑の中で、灼熱の太陽を遮る木陰の下で、あるいは紅葉を眺めながら、ノルディックウオークする機会は沢山あります。様々な機会に八街の市民にノルディックウオークの楽しさを紹介して下さい。そして、又一緒に歩く機会が早くきますように!
IMG_0216.jpg
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/139-82273a18
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する