2013.02.08

クリエイター展

 成田市宗吾霊堂の真ん前のギャラリー「teramae]で『第1回teramaeクリエイター展』が2月5日~22日まで開催されていますので妻と見学しました。
 木工品を出品されている須藤祐輔氏の御尊父、須藤昌三郎氏は建築士で私の家を建ててくださいました。奇しくも、私の家の完成と須藤氏の長女の誕生が同じという嬉しい偶然が重なりました。あれから25年、様々な面でお世話になっています。
 祐輔氏も建築士としてお仕事をされながら趣味として木工品の制作をされております。特に楢材から作成したテーブルや椅子は素朴で重量感があり素晴らしい。我が家の暖炉の横木は楢材ですので、いかに堅くて重く、作業がどんなに大変か良くわかります。しかし、時代の変遷とともに素晴らしい光沢を持つことでしょう。妻は肉用のまな板を購入、さっそく我が家の暖炉で肉を焼きたくなった。
 このギャラリーでは常設コーナーがあり、とても楽しい買い物が出来ます。私は鉛筆3本と文庫本サイズのノートを購入しました。ノート1冊600円、鉛筆1本300円など高いと思われますが、とんでもない。思い切り字の下手くそな私がこのノートに鉛筆で記録するのが楽しみになりました。まさに魔法の鉛筆とノートです。
 木工品、ナチュラリース、ジュエリー、書道、陶芸等、素晴らしい皆様方の作品に心が和み、近くの「甚兵衛蕎麦」でお腹を満たし、本日、気分は最高!


須藤祐輔氏、右手奥に展示されているのが彼の作品です。(2月8日撮影)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/124-7ea34efd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する