2013.01.22

仕上がり順調

 立身流の大きな行事『抜初演武大会』まで残すところ1週間となりました。八街支部の剣士は順調な仕上がりをみせています。当日演武するいくつかを紹介します。

 ・居合居組(破)演武者鈴木さん
 鈴木さんは八街支部でただ一人居合を演武します。前述しましたが彼の演武はとても柔らかい。羨ましくなります。当日ものびのびと演武して欲しいと望みます。
DSCN1143.jpg

 ・長刀 演武者伊藤さん  ・太刀は石井さん
 以前ここで紹介しましたが、伊藤さんのウイークポイントは体が硬い。本人も自覚し良く努力しました。腰の入った打ち、突きが冴えてきました。今まで細かい事を散々言ってきましたが当日は自分のペースで演武して欲しいと願っています。・
DSCN1148.jpg

 ・鎗術太刀合鎗勝身 演武者石井さん ・太刀は伊藤さん
 以前中々決まらなかった、鎗の初撃の突から下がる足捌きがスムーズに出来るようになりました。しかし、どうしても一つだけ悩んでいる形があります。あと1週間の精進で克服してください。2人の呼吸はぴったりです。

DSCN1145.jpg
 ・
 ・詰合 演武者(我)石毛さん(敵)前田さん
 これは剣術と居合が融合された高度な形です。左の敵が抜き付けて来るのを遅れて抜刀し、敵の太刀を防いで決めています。2人とも剣道の高段者です。当日も呼吸の合った演武をしてくださるでしょう。
DSCN1150.jpg

 ・鎗術小太刀合 演武者(小太刀)石毛さん (鎗)石井さん
 先代御宗家が小太刀で我々に鎗を持たせて「どこからでもどうぞ」いくら頑張っても鎗を封じられてしまったことを懐かしく思い出します。あの絶妙な間合いの取り方は芸術だと思いました。
 石毛さんは小太刀の演武は初めてですが、剣道の理合いで鎗を封じてください。
DSCN1152.jpg

 次の日曜日(1月27日)午後1:00~3:00、八街中央中学校武道場において開催される『立身流抜初演武大会』に沢山の皆様のご来場をお待ちしています。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/121-601f2671
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する