2012.11.23

一人住まいも又楽し?

 妻の留守を預かるのも3回目(今回は北フランスへの旅11日間)です。1回目は雪次郎の具合が悪くなり、東京の娘まで巻き込んで大騒ぎでした。しかし、帰宅した妻の顔を見たとたんピタリと治まったのにはびっくり。『母は強し』をここまでやるかねえ。
 3回目となると、彼もスイッチの切り替えが出来るようになりました。そのかわり、四六時中まとわりつかれる私は結構迷惑しています。・・・と言いながら、入浴中の風呂場の扉をそっと開けて雪次郎が入って来るのを待っている『俺も寂しいんだなあ』。
 朝夕のゴン太との散歩は気持ちが落ち着きます。 近頃、神津カンナさんのエッセイの中の一文を散歩のたびに思い出します。
  『・・・今までに自分の神経が、ずたずたになりそうな時が何回かあった。そんな自分を救ってくれたのが毎日強制 的にやらなければならない犬との散歩だった・・・』
 私もゴン太によって救われたことが沢山あります。改めて彼に感謝!
 妻の準備してくれた食料は底を突きました。しかし、私にはクラフトクラブやグリーンテニスクラブの皆さんから伝授された”簡単料理の作り方”のノウハウがあります。調理も結構楽しいものです。特に素材の良さを思い切り引き出した簡単料理はまさに「マサルスペシャル」。
 しかし、食事中の様子は『これじゃあゴン太の餌と変わりないな?』食器を洗う手間を省こうと、フライパンや鍋から直接ガツガツ食べている姿は、食事とはほど遠い。早食いは老化を促進するとか、これからは、調理に、食事に、そして後始末に十分時間をかけて、人並みな食事をしよう。
 『男やもめに蛆が湧く』わかるなあ。妻の帰宅する前日に大掃除だ!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/105-2008ae5b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する