2012.11.19

お寺の文化祭


 私の菩提寺の実相院で「お会式」が11月18日(日)に開催されました。このお会式に併せて9年前から「お寺の文化祭」も開催しています。私は世話人ですのでお手伝いをしました。(実際は文化祭を楽しんだ)
 境内には高さ1丈6尺、1辺が1尺2寸の太さの檜木の宝塔が建立されております。これは、年2回(春の彼岸とお会式)に建立する決まりだそうです。
 本堂の正面がステージとなり、ピアノ教室の生徒さんの発表会、杉原良子さんの独唱、フルートとピアノのしらべと素晴らしいステージでした。出演者と観賞者が一体となり、落ち着いた雰囲気をかもし出す発表会は学校の文化祭とは一味違っておりました。
 本堂の周囲には池坊華展(蓮見社中)の皆さんの作品、壁面には三浦書道教室の生徒さんを中心とした作品が陳列されております。第一書院ではお茶席が設けられており、テントでは生け花体験を実施しています。
 「住職のお寺ツアー」住職が見学者にお寺の見所を案内する試みは大変良かったと思います。見学者が少なかったことは残念でした。見学者を集めるのは世話人の仕事だったなあ(反省)。
 圧巻は最後の「フルートと声明(しょうみょう)のコラボレーション。」お互いの良さを十分に引き出して、お互いが更に輝く。そんなフィナーレでした。
 学校は寺子屋から発生した。昔は地域の文化の中心であった。お寺の文化祭を1日体験して、住職の願いが少し理解できました。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/104-eb48c8ab
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する