2012.10.26

妻の作品


 「これ良いでしょう」妻が買ってきたばかりの皮を広げて私に見せます。『優しいなあ、俺に買ってきてくれたんだ』と、思ったら「これでカバンを作ろうと思うの」『信じた俺が甘かった』
 皮を見たときから構図は決まっていたらしく、すぐ三つ編みの肩掛け紐を作り、型紙を作成。作業に必要な、糸、ファスナー、マグネット釦等は八街クラフトの先生に依頼、道具は総て私の物を使用して作業開始。深夜に針穴を通す目打ちを叩く音が聞こえて来ます。相当気合いが入っています。『自分も数年前は制作意欲に燃えてたなあ』その頃はコリー犬のベリイが元気で、目打ちを叩く音に興奮して作業の部屋まで駆け上がって来て吠えつかれました。ゴン太はどうしてる?と覗くと全く我関せず爆睡中。
 内側に縫いつけるなどのハプニングはありましたが、あっという間に完成。悔しいけど俺より上手。特に皮を見たときに、構図まで浮かぶなどそのセンスが羨ましい。私など先生に型紙を作ってもらっている始末です。今度僕のも作ってもらおうかな?
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ninjiya.blog.fc2.com/tb.php/100-35eb7e91
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する