FC2ブログ
2018.02.26

若杉達よまっすぐ伸びろ

 佐倉の城南幼稚園の園児さんの前で「立身流」の演武を山田師範とさせていただきました。
 園児さんの前でのお話と演武は初体験でした。園児さんは正直です。関心がなければ集中力を欠くのはあたりまえ。集中して見学してもらうためにいろいろと工夫して臨んだのですが・・・・・心配無用、若々しいオーラを浴びて最後まで気持ちよく演武することが出来ました。忍者漫画の流行で手裏剣に非常に興味があるようでした。
  何年か経ち、あらためて佐倉の無形文化財立身流に関心を持ち、学ぶ人が一人でも出て欲しいと願っています。
P_20180226_102728.jpg

スポンサーサイト
Posted at 13:11 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.24

貴公子

 結構『今』を充実しているのかも知れません。立身流・テニス・吹矢・皮工作・・・など等々。
 しかし、迫りくる痴呆症の恐怖におびえています。ブログ・フェスブック・ラインと立ち上げることが出来ても操作のやり方が分からなくなってパニクルことなどしょっちゅうです。
 ラインで送られてきた写真をブログに使おうとしても・・・・全くお手上げ。そこで私のPCの師匠にSOS・・・・まず師匠からラインで写真を送ってもらってそれをここに掲載するまでを付きっ切りで面倒見てもらってやっと成し遂げました。それがこの写真です。
 「ごめんベニー」甘~いシュークリームを前にポーズを取らせるなんて、でもすぐおやつを上げたよね。
1519461185311.jpg

Posted at 20:17 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.06

平剣(ひらけん)

 テニスの友人で農機具関係の仕事をしている方がいます。その方から超硬度な鋼鉄板をいただきました。とにかく硬い!夢中で切断しているとズボンが炎をあげて燃えだしました。厚めの作業ズボンやエプロンでも耐えられない。
 最後には洗面器に水を張ってその中に火花が集まるように角度を考えて作業しましたがこれが正解だったようです。
P_20171229_120505.jpg
 手裏剣のスタイルは大別すると★星形(これは問題外)★棒手裏剣★平剣 に分けられます。手裏剣を修行しているほとんどの人が棒型手裏剣を使います。
 しかし、短刀や小刀から手裏剣に変化した流派も存在します。今回は素晴らしい鋼材から平剣にチャレンジしました。見た目は鋭く、良く切れそうに見えますが刃先は全く立てていません。
 さて、手裏剣としての効果ですが遠間が全然だめ、やっと3間(5.4m)・・・・しかし成功するとその破壊力はすさまじいものがあります。的がすぐ破壊されるのでもう使いません。
ズボンとエプロンを焦がして作った私の貴重な作品です。
P_20180206_144611.jpg

Posted at 15:55 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.03

お待たせしました

 いやあ~本当に長い間、失礼をいたしました。とにかく「このページを表示できません」の一点張りで私にはどうしょうもありませんでした。やっとベテランの助けを借りてページを開くことが出来ました。ただし立ち上げるまでに二重、三重の作業をしなければなりません。一人で出来るか不安ですが痴呆予防にはちょうどよいでしょう。頑張ります。
 慣れるために出来るだけ回数を多くしていきたいと思います。よろしくお願い致します。
 今回は取りあえず報告まで・・・・次回から充実します。
 
 
Posted at 19:31 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |