2014.06.27

メルボルンからのお客様

 昨日、キーリー・リアムさんが、山田師範と共にお見舞いに来てくれました。
 キーリーさんの立身流歴は30年におよび現在オーストラリア支部長としてメルボルンで立身流を指導しております。3年前、山田師範と私でメルボルンを訪問して、キーリーさんのお弟子さん等と稽古をしたことなどが楽しく思い出されます。
 楽しい会話の話題の行く着く先はどうしても立身流の技について、特にキーリーさんが日ごろ疑問に思っている事を話しますので急きょ、私のミニ道場で山田師範とキーリーさんの稽古となりました。ばっちり2時間、とても充実した稽古でキーリーさんの疑問も晴れた事でしょう。
 私は手裏剣しか出来ませんので、テニスのサーブの感覚で打つ手裏剣打法を紹介しました。キーリーさんと奥様はテニス愛好家なので、サーブと手裏剣打法の腕の動きの関連はすぐ理解できたようです。後は継続のみ!
 9月にはキーリーさんのお弟子さんが来日して宗家の指導をあおぐそうです。その頃には一緒に稽古したいけど、むりだろうなあ?・・・慌てない、慌てない。
 楽しく過ごした後・・・二人はこの後、佐倉支部の稽古でした。多忙の中、本当にありがとうございました。

DSC00131.jpg

スポンサーサイト
Posted at 20:50 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2014.06.07

ゴンタは名犬!

 入院中は、毎朝4階のデイルームからきれいな新緑を眺め『早く、ゴンタと散歩してえよー!』。しかし、片手でハーネスを装着出来るか不安。彼は、のどにダメージがあり首輪にリードをつなげないのです。
 退院初日は、妻の後をついて行くだけ。でもハーネスを右手だけで付けてみました。いつもは最初に首にかける時、嫌がって頭を振っていたのに、この日のゴンタ君、完全につけ終わるまで全然動かなかったのです。特に胴にベルトを巻いてパチンするまで相当時間がかかるのに。きっと私の左手が不自由なことをわかってくれているのだ。
 あれから10日、最初3日間は夜中に突然、こむら返りが起こり苦しみました。今では体もしっかり慣れてきているようです。これもゴンタ君のおかげ。
 「頼むぜ、ゴンタ。物足りないだろうが、もうしばらくゆっくり付き合ってくれ。」
DSC00127.jpg

Posted at 09:23 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2014.06.02

昇段おめでとうございます

 昨日(6/1)は立身流総本部の昇段審査がありました。夕方、八街支部の受審者から「合格」のメールが届く。うれしかったなあ!この怪我で大切な審査前稽古が全然できなかったことを悔やんでいました。剣友のIさん、Mさん受審者の指導お疲れ様でした。
 受審者のみなさん。みなさんの努力の成果が本当に発揮されるのはこれからなのです。この勢いで2年後の4段審査に臨んで下さい。私は刀が振れなくとも出来る稽古方法を見つけなければ。
Posted at 06:38 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |