2014.03.29

桜の並木道

 八街市教育委員会主催の《ノルディック・ウォーク》で我が町・八街を歩こう!第4回桜の並木道。に参加してきました。昨年は参加出来なかったのでこの日を楽しみにしていました。
 参加者は42名、ノルディックの初体験者のためにポールはたくさん準備されていました。参加者には知っている方が大勢いましたので楽しい会話を楽しみながら往復6.6Kmコースを完歩出来ました。
 天気は最高、仲間も最高・・・・だけど桜は一分咲き。折り返し地点での白い花は残念ですがこぶしの花です。この地域は山、川、水田、そして文化財がそろう素晴らしい地域です。一週間後、桜満開の時、ゴンタを連れてもう一度訪れてみようと思っています。 
DSC00037.jpg
 お喋りに夢中になり、時々リーダーに注意されながら全員無事に到着しました。整理運動の後、温かい麦茶、KitKat、完歩証をいただいて解散。最後にノルディックウオークの公認指導員・中村さん(左)、古市さん(右)と記念スナップ。
 満開の桜の下は歩けませんでしたが、満足感でいっぱいです。素晴らしい企画有難うございました。
DSC00042.jpg

スポンサーサイト
Posted at 13:52 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.28

竹トンボ

 昔の職場の仲間で集う昼食会が昨日佐倉で開かれました。私はこの会ではいつまでたっても最年少です。先輩のIさんがたくさんの竹とんぼをプレゼントしてくださいました。
 Iさんは、竹馬乗りのエクスパートとして有名で、竹馬での房総半島一周や奥州めぐりなどで新聞に何度も紹介されております。Iさんのたくさんの趣味の一つに竹トンボ作りがあります。
 実は、こんなにたくさんの竹とんぼをいただいたのには理由があります。四月にスペインから立身流剣士が修行に来日すると伝えたら、彼らの為に作ってくれたのです。感激するだろうなあ。彼らの喜ぶ顔が目に浮かびます。
 昨晩帰宅してから、酔っぱらっているにも関わらず竹とんぼ飛ばしにトライ。本当に良く飛ぶ・・・指トンボの飛ぶ様など私の乏しい文章表現では表せない。
 こうして集合写真に納めて改めて思う。こんな素晴らしい日本の伝統文化をスペインに紹介したいなあ!竹馬も素晴らしい日本の文化だ。Iさんがスペインで竹馬のデモンストレーションや竹とんぼ教室を開いたら子供たちは大喜びだろうなあ。
DSC00032.jpg

Posted at 14:24 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.25

梅香る

 テニス仲間の関七郎さんの絵が新国立美術館に展示(3/19~3/31)されていますので昨日行ってきました。関さんは八街の農村風景を良く描かれるます。今回は『梅香る』のタイトルのように古民家の前に咲き乱れている梅花を優しく、ダイナミックに描いています。
 「ねえ、千葉の人だよ」「どこの人だろう?」隣の女性が話しています。すかさず「関さんは八街です。私の友人でテニスの仲間です。」と鼻高々に説明しました。
 関さんは無審査でここに展示出来る資格を有しています。今後の活躍を祈ります。
DSC00010.jpg

 今の八街は既に梅の花は散ってしまいました。しかし、散歩コースになぜか今が満開の梅の木がある。気になったので美術館から帰宅してすぐゴンタと確認に行きました。やはり今が満開です。家の人に聞いてみました。「どうしてここの梅は遅く咲くんですか?」「わかんねえ。前からおせえよ。」「実がなるのも遅いんですか?」「実はなんねえよ。気を付けて見てるがなったことがねえ。」本当かなあ、自分もこれから注意して観察しよう。
DSC00007.jpg

Posted at 17:33 | 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2014.03.20

みかんの皮がヘンシーン

 私はみかんが大好き。妻が、たまったみかんの皮を砂糖でまぶして煮た。程よい苦みでとてもおいしい。
DSC00002.jpg
 それをケーキに入れた。又これもおいしい!
 妻はとても優秀なパテシエ?
DSC00003_20140320193216aa2.jpg

Posted at 19:40 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.01

あれ~?

  壁塗り作業も終わり、現在足場の撤収中です。二度目の足場移動からの生活はちょっと大変でした。台所のドアが取り外され、寝室のドアは四分の一しか開かない。そこの出入りは真横になってすり抜け無ければなりません。さらに数か所に敷かれている足場をまたぐのです。
 いつも出入りしている小玄関が足場で塞がれているので、出入りにはお客様用の大玄関を使っています。ゴンタは大玄関からの出入りが納得出来なく、足を踏ん張って抵抗しています。散歩から帰っても大玄関からは絶対に入ろうとしません。仕方なくゴンタだけ小玄関から入れています。
 最初「おや~、何か違うな?」ちょっと警戒しましたが「エサだ!エサだ!」いつも通り妻を求めて台所に一直線。どうしてパイプに躓かないのか・・・不思議。
 可哀想なのは雪次郎。撤収作業が気になるらしく落ち着いてない。パソコン室に押し込まれてしまった。(仲良くブログを作ろうな。)
 しばらく工事は続きますが、生活は落ち着きます。それにしても足場の組み立て、壁塗り、足場の撤去・・・プロの仕事ぶりをじっくり拝見しました。ありがとうございます。まだ続きますがよろしくお願い致します。
IMG_0068.jpg

Posted at 11:45 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |