2013.06.29

ゴン太、ハンサム!

 ゴン太君が一番ハンサムに見える日です。犬の美容室『Happy Clover』でシャンプーとカットをしてもらいました。とにかく高齢ですのであまり短くカットすると肋骨ギラギラが目立ちます。その点だけお願いしました。仕上がりはご覧のように非常に若返って帰ってきました。レインコートを着たときの数日前の彼と比べると別人です。
 おまけに温泉(炭酸泉)にまで入れてくださいました。気分良かったろうなあ?ダニが五個見つかったとのこと。「年を取っているので黒子かと思っていた。」「黒子は一個もありません。」『ご免ゴン太、痒かったろうなあ!』そして、エビスの便から瓜実甲虫が見つかったのはアンタが原因だったのだ。
 Happy Clover さんからいただいたバンダナが良く似合います。雪次郎もそのことは気がついたらしく盛んにラブコールを送っています。
 さあ!体がきれいになったところで、次はお口をきれいにしよう。トリマーさん有り難うございました。


スポンサーサイト
Posted at 13:11 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.06.22

# 再び吹き矢

 (1)ゴン太パニック
 吹き矢クラブの皆さんの技術が素晴らしく向上しています。私とは練習量が違う。私だって負けずに練習はしようと思っています。しかし、最後まで(5射×4)終わった事が少ない。練習を始めるとゴン太が異常な怯え方をします。『そのうち慣れるだろう。』と続けていましたが、怯え方がひどくなる。近頃では失禁する始末です。
 練習の場は、2階の壁に取り付けてある電灯の上に的を置く。そこから階段、廊下を通り、私の部屋の突き当たりから吹いていました。私の吹く姿はゴン太から見えません。彼の目線で的を見上げると写真のようになります。
 ゴン太が可哀想なので、練習の場を庭にしました。これが又ものすごくやりづらい。的は斜め、天気に左右される。(特に4月5月は強風の日が多かった)蜂がブンブンうるさくて集中出来ない。跳ねた矢を見つけるのが大変(2本未だ不明)
IMG_0362.jpg

 (2)ゴン太落ち着く
 そんな中、5月19日のホームパーテイで皆さんに吹き矢を紹介しました。ゴン太が怯えるのを覚悟して、数回吹いて見せました。しかし、ゴン太くん怯える様子全くなし。『お客さんが多いので浮かれているのだろう。』
 翌日、的がそのままにしてあるので、そこで練習開始。『ゴン太ゴメン。』
 1射・・・ゴン太くん『おや?』落ち着き無く走り回っている。私を見つけ観察している。2射・・・全く動じない。3射~5射・・・矢道に座って声援してくれている。『今までの怯えは何だったのだ!』
 今までは、的が壁に直接着いているので着矢音が大きく響いた。私の姿が見えないので何が起きているのか状況が理解出来ない。それにプラスして今まで心に刻まれている恐怖と重なりパニックになったのでしょう。
 状況が理解出来、我が身が安心と解って落ち着いたのでしょう。
 又、雪次郎が邪魔をする。矢を捕まえようと構えています。右に1メートル移動。
 今回、とても素晴らしい練習場を発見出来ました。ただ一つ、母の部屋から射る、という事が気がかりです。ですから開始の礼は、ここで練習さしてくれる母への感謝の気持ちも含めてする事にしています。
IMG_0321.jpg
Posted at 10:50 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.06.16

集合写真

 久しぶりに手裏剣の本を読んでいたら『願立流』の手裏剣が掲載されていました。とても軽量で頭髪や襟に縫い込んで保持していたそうです。『そういえば昔、この剣をモデルにして作ったことがある。』
 ちょっと取り出すつもりが大仕事・・・結局全部広げてしましました。数えてみたら271本。いただいた剣は別に保管してあります。
 一本一本並べながら作った当時を思い出します。火花と鉄粉にまみれ、妻の白い視線に耐えながら、形、長さ、バランスにこだわりながら作りました。法律が変わり、両刃は禁止となったので、数本の両刃剣の片側の刃をつぶしたことも懐かしい思い出です。『自分だけに合う理想の手裏剣が絶対あるはず』残念ながら未だ見つかりません。
IMG_0356.jpg
 写真の軽量剣は自分で手裏剣を作り始めた頃の初期の作品です。この頃の作品の方が近頃の作品より丁寧に作ってあります。
 久しぶりにこの軽量剣で試打してみました。なんと・・・作った頃の倍以上の距離を飛行しました。音もなく的に吸い込む軽量剣ならではの醍醐味に感激。この年で確実に打剣技術は向上している・・・・ということは、手裏剣だけでなく、テニス、居合、吹き矢・・・まだまだ向上する余地はあるのかな?『70の手習い』まだまだ行けるかも!
IMG_0359.jpg
Posted at 18:15 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.06.09

# デビュー~鹿島神宮奉納演武~

 剣聖塚原卜伝生誕524年祭記念第44回鹿島神宮奉納演武が6月9日(日)鹿島神宮で開催されました。この行事には宗家のご厚意で八街支部を中心に参加させていただいております。今回は伊藤孝行さん、石井佳大さんが初参加。他流の中で初めての演武となります。
 私が初めてこういう大会にデビューしたのは30年以上前かなあ、興奮して大会まで落ち着かない日々をすごしたものです。当日の二人はとても落ち着いて、普段の稽古通りの演武を展開しました。こういう体験は確実に修行の糧になります。さらなる向上を期待します。
 この日は例年より多くの方が見学して下さいました。とても素晴らしい見学態度で、我々は集中して演武を終えることが出来ました。やはり、武道の神様に参拝する皆様は、心構えが出来ているのでしょう。
 来年は、鹿島神宮ではさらに大きな武道イベントを予定しているようです。大きな成果を上げることを祈ります。
IMG_0327.jpg

Posted at 23:25 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.06.07

梅雨入り

 雨の中でのゴン太くんとの散歩はちょっと憂鬱です。しかし、彼は家の中でのトイレは必死にガマンしている。きっと木更津で兄と出会う前の彼は厳しくしつけられた室内犬だったのかもかも知れません。
 しかし、彼は推定17歳、人間ならば私よりはるかに高齢です。年寄りがトイレをガマンする苦しさは十分理解出来るのでよほどのことがない限り散歩は続けることにしています。その時、写真のレインコートを着せます。彼は嫌がりますが、どんな大雨でも手入れが簡単に済むのでガマンしてもらいます。しかし、朝夕続けて生乾きのコートを着るのは、ちょっと可哀想・・・でも耐えてくれ。俺だって生乾きの靴に足を入れる不快感に絶えているんだ。
 お互いが健康でいられるのは、どんな状況でも続けている散歩のお陰かも知れない。その点私はゴンタに非常に感謝しています。ゴンタは?感謝してないなあ・・・どうして散歩から帰ってきた時、まず最初に妻をさがすんだ!ブラッシングをしてくれている俺に一言の御礼も言わないで。


Posted at 08:52 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |