2013.05.27

道寸祭り

 5月26日(日)に油壺の荒井浜海岸で「道寸祭り」が行われました。これは鎌倉から室町時代にかけて、三浦半島で栄えた三浦一族の鎮魂祭として行われています。ここのお祭りの実行委員長と立身流市原支部長が兄弟という関係で、市原支部は数年前からここのイベントで演武をしています。
 今回、市原支部長から声をかけていただいたので江尻師範と参加しました。海岸で演武するなど初体験です。
 当日八千代市の江尻師範に自宅まで来ていただき、師範の車で三浦海岸に出発。7:30我が家を出て、三浦海岸到着9:40、以外とスムースに流れました。会場では。
 11:00より供養祭
 11:20より和太鼓演奏と横須賀開国甲冑隊披露
 12:05より立身流演武でした。
 演武場にはコンパネが敷かれ、さらに特殊シートで覆われ足場は万全です。写真は入場している場面です。私と江尻師範は・詰合・鎗術・四寸鉄刀(しゅりけん)を続けて演武する為4種類の武器を携えて入場しました。
 人混みをかき分けて演武会場に入りますので刀が鞘走りしないように下げ緒でしっかり結んで安全には注意を払いました。しかし、ひとたび演武場に入れば内も外も関係ありません。しかし、写真からはこれから演武するという気迫に欠けている。それに姿勢が悪い。猫背で顎を突き出すのはわたしの悪い癖。この写真のように他人目線で自分を厳しく観察することは非常に大切だなあ。
 輝く太陽の下、砂場を踏みしめ、素晴らしい体験が出来ました。
道寸祭り

 昼食を海の家で取っていると1:00から武田流弓馬道一門の皆様による「笠懸」が行われました。三浦一族は弓上手として知られ、笠懸は三浦一族のお家芸として長く伝えられているそうです。
 今回幸運にも、食事の場所がスタート地点でしたので、スタートするまでの馬と射手の一体になるまでの状況をじっくり観察出来ました。普段我々の見る場面は疾走してくる馬上から一瞬に射る矢が当たるかどうかだけが関心の的ですが、馬をその気にさせ、人馬一体となるまで数人がかりで大変な努力をされています。
 笠懸が流鏑馬よりも実戦的だ。と言う意味が理解出来ました。皆さん左右に矢を放っています。右に矢を放つのは難しそうです。さらに砂浜を走らせるのも大変だろうなあ。砂浜で騎馬武者姿で疾走しているのは三浦市だけだそうです。とても素晴らしいものを見せていただきました。
 
IMG_0314.jpg
 行きは良い良い帰りはこわい。渋滞に巻き込まれ、行きの三倍かかりました。運転してくれた江尻師範本当にお疲れ様でした。やはり油壺は遠い!
スポンサーサイト
Posted at 14:55 | 未分類 | COM(1) | TB(0) |
2013.05.20

ホームパーテイ

 5月19日から約2週間、一人暮らしとなります。3匹のペットとともに留守を預かり、妻の無事を祈ります。
 実は、妻が出発した日に我が家でホームパーテイを開きました。もう20年前になるかな、我が家で同じようなパーテイを開いたことがあります。その為に、家の掃除、食材の準備、当日の接待と妻は大変でした。私は気を使っているつもりがいつの間にか酔っぱらって何もやらなかったなあ。
 だから、今回は妻に内緒にしました。多分話を聞けば色々と気配りをして余計な心配をかけ、旅行の準備に支障を来たさせたくなかったのです。妻の旅立ちの日に・・・・不謹慎と言われるかも知れないがお互いの都合の良い日はこの日だけでした。幸運にも前日、冬のカーペットを外し大掃除をしましたので大きな問題はクリヤーされました。
 飲友4人で計画していましたが、Yさんご夫妻に声をかけたら気持ちよく参加して下さったのはうれしかったなあ!みんなで持ち寄った材料で、楽しく過ごしました。直火で焼いた肉、久保田の生原酒で喉を潤し、青竹でお燗した酒を楽しむ。Yさん手作りの料理は絶品!いつの間にか肉を焼く作業まで任せてしまい「ホストは誰だっけ?」と皮肉られる始末。
 今回は雪次郎とゴンタを見直しました。ゲストがあきれるような行動を心配したのですが、主人の顔を立てることは心得ているようです。ゴン太くんが拾い食いポーズを取っていますが誤解です。
 翌日は正常に目覚めました。食器はきちんと片付けてあります。自分がやったのか、手伝ってもらったのかの記憶がない。やっぱり酔っぱらってたんだなあ。
 銘酒『八海山』が手つかずで残りました。私が飲んで良いとのことですので、妻の帰国まで待ちます。酒を飲まない妻ですが「『八海山』だけは美味しいと思う。」と言っています。
 さあ~一人暮らしをたのしむぞ~!


Posted at 16:27 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.05.07

奉納演武

 日本古武道振興会主催の奉納演武大会が毎年この時期に京都で開催されます。
 
1・下鴨神社(5月4日)
 早めに着替えて、境内を散策するつもりで余裕をもって神社到着。しかし、更衣の部屋は使用中とのこと、それにしても、ものすごく混雑してました。人混みの後ろからのぞくと、十二単姿の女性が流れに手を浸しています。
 内容は翌日の新聞によって知ることが出来ました。新聞によりますと、下賀茂神社、上賀茂神社の祭りで「葵祭」という有名なお祭りがあります。「祇園祭」も有名ですがこれは「町衆の祭り」と呼ばれ、葵祭は「御所の祭り」とされるそうです。十二単姿の女性は「斎王代(さいおうだい)」と言い、5月15日の葵祭当日に500人の行列の先頭を務め、京都御所から下鴨神社、上賀茂神社までの約8キロを進みます。それに備えて身を清める「禊の儀」だったのです。毎年、下鴨神社、上賀茂神社で交互で催されているそうです。
 今まで私の印象になかったのは、時間ぎりぎりに集合していたからでしょう。今回ほんの一瞬ですが王朝絵巻を見られたことはとてもラッキーでした。
IMG_0303.jpg
 
 下鴨神社には「舞殿」と「橋殿」という素晴らしい舞台があります。立身流は今回は「舞殿」で演武いたしました。演武種目は最初に江尻さんと居合、続いて長刀を演武しました。ここの舞台は武徳殿と比べるとはるかに狭いので、お互いの間合の取り方に細心の注意を払いました。
 この写真は愛知から参加されたIさんが写してくれました。彼女は千葉に住んでいたとき立身流の講習会に何回か参加して下さったので気軽にお願いしてしまいました。有り難うございました。素晴らしい記念になります。
 演武終了後、直会で巫女さんの勧めてくれる御神酒はとても美味しく、ついお代わりを要求してしまします。
IMG_0277.jpg

 2・白峰神宮(5月5日)
 この日は古武道振興会の他、地元の空手道や合気道などの奉納演武もされております。境内中が活気に溢れておりました。宮廷貴族が蹴鞠を楽しんだ場所としても有名で、その為プロサッカーチームの奉納額が見られます。祈願に来ることもあるとのこと。
 煎茶道の皆さんのお手前があり、演武終了後にいただいたお茶の味は格別でした。
 この日の演武も昨日と同様、居合、長刀です。昨日よりも狭いので更に間合いには注意しました。
 ここでは演武終了後は神宮で準備してくれたお弁当と御神酒をいただいて流れ解散です。立身流は一番目の演武でしたのでゆっくり御神酒をいただくことが出来ました。本当に京都のお酒は美味しい!あっという間の京都の4日間でした。
 
 IMG_0296.jpg

Posted at 18:05 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.05.06

全日本剣道演武大会

 第109回全日本剣道演武大会が5月2・3・4・5日に全日本剣道連盟主催により京都武徳殿に於いて開催されました。私は5月2日の『各種形の部』と『居合道の部』に出場いたしました。
 会場の武徳殿は『旧武徳会』時代の総本山であり、その当時は日本中の武道を束ねておりました。現在でもこの演武大会の人気は高く、5月2日に行われた、各種形の部・薙刀の部・杖道の部・居合道(錬士・教士・範士)の部に出場した人はこの日だけでも1,000人を超えます。
 いつまでもこの演武大会に出場できるよう日々の精進に心がけるつもりです。
 武徳殿の素晴らしい板場で演武出来てとても幸せです。

Posted at 16:48 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |