2013.03.30

桜の下をノルディック

 八街の用草(もちくさ)の桜並木は既に何回もマスコミに取り上げられるほど有名です。この桜の下をノルディックウオーキングで散策するイベントがスポーツ振興課の主催で3月30日(土)に開催されました。当初は4月6日(土)に計画していたのですが急遽変更。おかげで満開の桜の下を約6.6キロメートルを参加者の皆さん楽しく歩きました。
IMG_0188.jpg

 この日、桜は満開、しかし気温は花冷えの肌寒さを感じます。参加者は20数名、ほとんどの方が初めてノルディックポールを握った方です。初心者にはスポーツ推進委員の方々からポールの使い方や、長時間のウオーキングの注意を受けてイザ出発です。
 ノルディックウオーキングは難しい事は一つもなく、自然にポールを握って歩いているだけで運動量は増大し、全身運動で効果を上げる事ができます。私も今は肩こりに悩むことも無くなりました。
 途中休憩の皆さんのはつらつとした笑顔がうらやましい。私はこのイベントを楽しみにしていたのですが、残念、既に予定がありました。素晴らしい写真を沢山提供して下さったスタッフの方、有り難うございます。
 
IMG_0224.jpg

 八街市のノルディックウオーキングの指導員の中村さんと古市さんです。本当は1月3日の「新春欲張りノルディック」の時、3ショットで紹介したかったのです・・が『八街市スポーツ推進委員会Facebook』を検索すると、この時の3ショットが掲載されてます。あのまぶしい太陽の下で良く撮れたなあ。
 八街市はまだまだ自然が豊富です。新緑の中で、灼熱の太陽を遮る木陰の下で、あるいは紅葉を眺めながら、ノルディックウオークする機会は沢山あります。様々な機会に八街の市民にノルディックウオークの楽しさを紹介して下さい。そして、又一緒に歩く機会が早くきますように!
IMG_0216.jpg

スポンサーサイト
Posted at 21:37 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.26

桜満開

 散歩コース(ショート・5,000歩)は桜満開。以下紹介します。撮影は全て3月26日の朝
1・ケヤキの森公園
 散歩コースの中では一番早く咲きました。先週の土曜日、夜桜パーテイをやっていました。
IMG_0114.jpg

2・実住小学校(裏門)
 この下を児童が登下校する情景はきっと素晴らしいでしょうねえ・・・春休みで残念です。 
IMG_0120.jpg

3・中央中学校
 かって旧校舎の時代、ここは桜の名所でした。『桜祭』というイベントがあり、地域の方は生徒の発表を鑑賞し、PTAの皆さんの提供して下さる豚汁に舌鼓を打ったものです。今日の部活の目標なのでしょうか、一人一言ずつ決意を述べていました。
IMG_0125.jpg

4・千葉黎明高等学校
 私はここの剣道場で週3回稽古しています。地域に開かれた学校として親しまれております。
 桜にちなんだイベントが計画されているとか?秋の学園祭を毎年楽しみにしています。
IMG_0131.jpga>

4・八街幼稚園
 この桜の下で園児がお遊戯している情景は最高だと思います。春休みで残念です。
IMG_0128.jpg

5・市営グランド
IMG_0137.jpg

7・八街市役所
 ここだけ種類が違うようです。多分「おおやまざくら?」
IMG_0141.jpg
 「ちりぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ」総理大臣の退任するとき何人か細川ガラシャのこの辞世の句を引用していました。思い切り咲いて潔く散る。日本人の好きな花、後何日散歩で見られるかな。
Posted at 15:15 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.25

霜の朝

 グリーンテニスクラブの友人、関 七郎さんの絵が国立新美術館(3/20~4/1)に展示されていますので行ってきました。これは『白日会』という現代美術の油彩、水彩、版画、彫刻等のとても権威ある団体の展示会です。ここに展示される為には厳重な審査をパスしなければなりません。しかし、関さんは今までの実績からこれからは無審査で出品することが出来るそうです。
 小雨模様の天気でしたが乃木坂駅から美術館まで屋根が張られ全く濡れることはありませんでした。
 関さんの絵はP100号サイズ、タイトルは『霜の朝』、寒さ厳しい冬の朝の情景を、とても細かくて暖かい感性で表現されているように感じました。この絵から先人が必死に八街を開拓してきた名残を感じます。このような歴史を今に伝える八街の農村風景をこうして表現されることは素晴らしいことです。
 『絵画は格闘技だ!』昔、美術の先生が主張していたことを思い出しました。絵を描くと言う事は、精神を集中して、気力を充実させ、更に、研ぎ澄まされた感覚で絵筆を取らなければ良い作品は出来ない、と言うことかな?関さんもこの絵を完成させるのは大変だっただろうなあ。
 これからも益々充実した気持で絵筆を取り、一日も早く『白日会』で更に素晴らしい成果を上げることを祈っています。
href="http://blog-imgs-36.fc2.com/n/i/n/ninjiya/IMG_0110.jpg" target="_blank">
Posted at 17:39 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.20

初めてのお散歩

 息子の家族が墓参りに来てくれました。そして、なんと夕方のゴンタの散歩に孫娘の綾乃(幼稚園・年中さん)が付き合ってくれたのです。実は綾乃が1歳の時、雪次郎に指を噛まれ、このことがトラウマとなり彼女は我が家の動物全て拒否反応を示していました。だから彼女が我が家に来るときはいかに動物を彼女の目から遠ざけるか苦心をしたものです。
 今回の散歩では、最初は父親の肩車でゴンタのリードを握っていた綾乃がケヤキの森公園では一人でゴンタと散歩をしました。これは感激だったなあ!綾ちゃんもお姉さんになったものだ。ゴンタもそのことは感じるようでとても喜んでいました。
 雪次郎も綾乃が大好きなのです。彼女がピアノを弾いていると「俺も仲間に入れろ」と鍵盤に飛び乗る。集中できなくて綾乃が中断すると、雪次郎が代わりに弾き出す。どんなに頑張っても綾乃にはかなわないのに。
 嬉しいと酒の回りが早くなる。その日の夕食、たったお銚子2本で完全に酔いました。
お散歩

Posted at 21:11 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.19

球出し練習会

 今日は暑かった!朝の気温20度、それでもまだ桜は咲かない。東京の桜は散り始めるというのに、八街の気温はそんなに低いのかな?
 ここ数日足の調子が非常に良いので40日ぶりに「球出し練習会」に参加しました。
 この練習会は毎週、火曜日、木曜日の午前中にグリーンテニスクラブのオーナー蔵村氏のご厚意で球出しをしてくれます。この日の練習生は4名でした。ミニストロークで体を慣らし、サービス・リターンで終了するまでたっぷり2時間、心地よい汗をかくことが出来ました。心配していた足の痛みも感じませんでした。
 午後はさらにメンバーが増えてゲームを楽しむようです。私はこれで充分、40日間中断したのだから、その3倍かけて体作りをするつもりです。
 私のテニスの目標は妻の旅友の80歳の小池さん。まだまだ元気にテニスを楽しんでいる。私も無理せず80歳まではテニスを楽しみたい。


Posted at 20:22 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.18

ディスク(フリースビー)ゴルフ

 3月17日(日)、八街市スポーツプラザの緑地帯でフライングディスクゴルフの講習会(10:00~12:00)がありましたので参加しました。これはフリスビーを投げて、写真に見えるようなゴールに何回で入れられるかを競う競技です。この日の参加者は10名、皆さん熟年のやる気十分の方々です。
 レクリエーション協会の講師の方からルールと投げ方の指導を受け、チームは三つに分かれてすぐ競技開始。ゴールは3カ所に設置されてありますが・・・・ご覧のように木立が邪魔をするように上手く置かれています。パー3が普通で、第1投は遠くに、第2投で寄せて、第3投でゴールが普通だそうです。
 とにかくまっすぐ飛ばすように心がけた。途中まで良い線で飛ぶが下降するとき大きく曲がる。その曲がりを利用して木立を上手く回り込んでゴールする人がいる。あまりに慣れているので質問したらこの講習会に過去2回参加しているそうだ。私も3回参加すればあのような技が身につくのかな?
 フライングディスクが飛んでいるところを写真に収めたかったのにゲームに夢中でこのような場面しか撮れませんでした。次回はフライングディスクの醍醐味を是非紹介したい。
 尚、次回の予定は4月28日、5月19日、6月23日だそうです。結構楽しめます。、


Posted at 17:24 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.15

ミニミニクラブ

一昨日の晴の嵐が嘘のような穏やかな春の一日。無性に太陽の光を浴びたくなって昼食後、ゴン太くんと散歩に出かけました。ゆっくりと春の田園地帯を歩いていると「ミニミニ牧場」に到着。春の日差しを浴びた沢山のミニチュアホースがのんびりとくつろいでいます。
 本当に幸運でした。散歩から帰宅した2頭の馬さんと遭遇。このブログに紹介させていただく了解を得て素晴らしい2ショットを撮らせていただきました。次にゴンタと馬さんの2ショットを撮りたかったのです。馬さんはとてもフレンドリーにゴンタに接してくれるのですが彼は完全に怯えています。「又来て慣れようね」お嬢さんの優しい一言で、いつかこのブログに、ゴンタと馬さんの2ショットを!
 尚『ミニミニクラブ』で検索するとこの牧場のことが詳しく載っています。


Posted at 16:42 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.13

春の嵐

 梅や桃の花を撮影していた3日前の温暖な天気とうって変わって、本日は凄まじい春の嵐。八街名物の砂誇りが我々に襲いかかってきます。写真の状況などまだまだ序の口、道路を横断する赤い砂で視界が全然効かなくなることがあります。洗濯物は外に干せない、窓はしっかり施錠しておかなくてはならない。気分的に落ち込みます。
 「昔はこんなもんじゃあ無かったさ、昼間でも全然見えねえし、いくら戸締まりしても砂はどんどん入ってくる。じゃりじゃり飯や砂布団はあたりめえよ。」何かのおりに、今日のような砂嵐を嘆いていた時、代々八街に住んでいるご高齢の方が話して下さったことが思い出されます。八街は開拓の街、こういう方々のお陰で現在があるのでしょう。
 『八街の赤い風の秘密』はるか昔、市内の中学生が八街の砂を分析してレポートにまとめた、という記事が何かに掲載されていました。我々はただ嘆いているだけなのに、「何故だろう?」と疑問に思って研究する。まさに『70の手習い』の鑑、見習わねば、そのレポートもっと詳しく読んでおくんだった。
 一雨欲しいとこですが、歩道に積もった砂が泥砂となり、子供達の登下校の安全を脅かすことの無いよう祈ります。


Posted at 15:58 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.10

もう春ですねえ

 暖かい日が続いています。石のように固まった右ふとももの筋肉がほぐれていくのが良くわかる。もう少しの辛抱だ。年寄りの回復は遅れることを自覚して、ゴン太くんと朝夕の散歩を楽しんでいます。梅や桃の花がちょうど最盛期、足を止めては満開の花をカメラに収めて帰宅。すると・・・・
 なんと、我が家の梅も満開でした。小さくて気がつかなかった。こんな小さな梅ですが、昨年は100粒ほどの実を収穫できました。初めて本日その貴重な梅干しを試食してみると・・・ちょっと小粒ですが立派な梅干し、これなら安心して食卓に乗せられる。
 今年はどのくらいの実を収穫できるか楽しみです。

Posted at 08:50 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.05

猫社会

 雪次郎の母親は彼を生んだ時『この子は猫社会では生きられない』と判断し、彼を犠牲にしても他の子猫に充分乳が行き渡る方を選んだのでしょう。その結果、娘と出会った。
 彼が初めて目を開けたとき、目にしたのは巨大なコリー犬と娘。多分、自分は犬だと思ったかも知れない。お腹が空けば、娘がほ乳瓶でミルクを飲ませてくれる。寂しいと泣けばコリー犬が舐めてくれる。だから、雪次郎は、母猫の乳房の温かさや、兄弟同士が乳を奪い合う事から身につける生存競争を知りません。それこそ猫っ可愛がりに育てられてきた。夏には4歳になるのにまだ子供。一番の元凶は私かな?
 いっぽうエビスは車に轢かれるまでの半年間(推測)は野良猫でした。猫社会のルールは充分身につけています。私を警戒して寄りつかない事は悲しいが、しっかり我が家に同化し、今では節度のある飼い猫になりました。彼女が一番落ち着く場所は妻の膝の上、ここにいる時は私が近づいても平気、多分妻の方が強いことを動物の本能でわかっているのかも。
 いっぽう、周りの空気が読めず、冗談の限度を知らない雪次郎は、しばしばエビスを怒らせます。しかし、そんなことを繰り返して雪次郎は成長して行くのかな?
 こうして、写真のように仲良く寝ている姿を見ると、エビスお姉様の優しさを感じます。『頼むぜ、エビス。猫社会のルールを雪次郎にもっと教えてやってくれ』
 
 


Posted at 16:28 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |