2012.10.26

妻の作品


 「これ良いでしょう」妻が買ってきたばかりの皮を広げて私に見せます。『優しいなあ、俺に買ってきてくれたんだ』と、思ったら「これでカバンを作ろうと思うの」『信じた俺が甘かった』
 皮を見たときから構図は決まっていたらしく、すぐ三つ編みの肩掛け紐を作り、型紙を作成。作業に必要な、糸、ファスナー、マグネット釦等は八街クラフトの先生に依頼、道具は総て私の物を使用して作業開始。深夜に針穴を通す目打ちを叩く音が聞こえて来ます。相当気合いが入っています。『自分も数年前は制作意欲に燃えてたなあ』その頃はコリー犬のベリイが元気で、目打ちを叩く音に興奮して作業の部屋まで駆け上がって来て吠えつかれました。ゴン太はどうしてる?と覗くと全く我関せず爆睡中。
 内側に縫いつけるなどのハプニングはありましたが、あっという間に完成。悔しいけど俺より上手。特に皮を見たときに、構図まで浮かぶなどそのセンスが羨ましい。私など先生に型紙を作ってもらっている始末です。今度僕のも作ってもらおうかな?
スポンサーサイト
Posted at 23:24 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.10.23

継続


7月に「手習いと清書」で紹介したIさんこと飯山さんです。とにかく彼の刀は重い(1.7kg)。ちょっと稽古を中断すると、体は煽られ、体全体が硬直します。職場で鉄パイプの素振りという手習いを続けているときはとてもスムースに軽々と重い刀を扱っていたのですが・・・・しばらく会わないうちに元に戻ってしまった。刀が重いから稽古不足はすぐわかる。彼も自覚したようです。
 1週間後、まだ、以前のようには行きませんが、見違えるような動きを見せてくれました。鉄パイプの手習いを少し復活したようです。この若さが羨ましい、ちょっと自覚すればすぐ向上する。70歳ではこうはいかない。しかし、ここに若さの落とし穴があることに気づいているかな?小父さん達は少しでも老化現象を遅らせようと毎日涙ぐましい努力をしていることを。
 再び長野先生に言われたことを思い出しました。「忙しくて稽古が出来ない?寝る時間、食事する時間、風呂入る時間、トイレ行く時間あるだろう?何故稽古する時間が無いんだ?」
 日々の手習いを継続して、重い刀を体の一部のように扱えるように・・・・期待してます。
 
Posted at 12:35 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.10.22

八街市民剣道大会


 第11回八街市民剣道大会が平成24年10月20日(土)八街市スポーツプラザに於いて開催されました。
 八街市民の剣道を学ぶ人々が一堂に会するのは、春の「戦没者追悼祈念剣道演武大会」と今回の剣道大会の2回です。小学生低学年から一般まで幅広い年齢層の試合が行われました。
 開会式の後、3つの演武が披露されました。
◎木刀による剣道基本稽古法・各団体代表小学生10名
 非常に緊張していましたが、とても溌剌と演武されていました。小さい時に体験するこういう緊張感は試 合以上に大切な経験だと思います。お疲れ様でした。この稽古法は我々も学ばねば!
◎立身流四寸鉄刀(しゅりけん)演武、演武者は私です。
 立身流四寸鉄刀の演武は、四寸鉄刀を飛ばした後、すかさず抜刀して斬る。この居合が生命なのですが、 見る人はしゅりけんが的に刺さるかどうかで評価します。非常に緊張しましたが、飛ばした剣は総て的を 貫きました。しかし一番大切な抜き打ちの一太刀が一度だけ失敗した気持ちのゆるみが悔やまれます。
◎日本剣道形・打太刀 前田 錬士六段 ・仕太刀 坂口六段
 木刀による基本稽古法と同様、剣道を学ぶ者にとってはとても大切な種目です。ご立派な演武でした。
 演武終了後、小学生低学年の部から試合が開始しました。
 小学生低学年の選手は駆け引きなど全く無く、先生に教えられた通り、大きな技を、力強く、思い切り踏み込む姿は見ていて気持ちの良いものです。それだけに審判の判定はとても大切です。小さい子どもの判定ほど審判の技量が問われるようです。
 続いて、小学生高学年→中学生→高校一般の部と練度の高い試合を観戦することが出来ました。総ての試合が終了して、参加者・審判の先生方による全員の合同稽古、体育館いっぱいに展開される稽古は壮観でした。
 閉会式で表彰式の後、審判長が「中学生女子の試合はどの試合もとても立派だった」という講評がありました。これは彼女達の今後の励みになることでしょう。
 次に一堂に会するのは来年春、皆さんがどんな素晴らしい技を使うか楽しみです。
Posted at 12:22 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.10.14

同窓会

 「兎追いし かの山、小鮒釣りし かの川」私の故郷はこの歌にぴったりです。
 春には手作りの釣り竿で小川に行けば、ハヤ、シャレブナ、鮒、クチボソなどがいくらでも釣れる。獲物を満杯にした重いバケツを下げて遠い道のり、良く家まで歩けたものだ。
 夏は、ため池や小櫃川での水泳。親は禁止しているが、ほとんど毎日泳いでいた。いかだ遊びやモリを使って鯉を突いたり、今の小中学生には考えられないと思う。学校の帰りに川で泳いでいる所を女子に見つかり、告げ口されて全校生徒の前で思い切り叱られたことも懐かしい思い出。
 秋から冬にかけては山が遊び場、自然の恵み(果物・鳥)がいっぱい。「肥後守」さえ持っていれば1日中遊べた。秘密基地での食事は美味しかった。
 そんな素晴らしい、富岡中学校(現在は隣の馬来田中と合併して富来田中学校)を卒業して今年で55年経過。古稀をお祝いして、本日(10/14、12:00~)久留里線馬来田駅前の藤川旅館で同窓会が開かれました。
 久しぶりに乗る久留里線、懐かしい・・・55年の歳月を感じない?乗客の半分は高価なカメラを持っている。遠くから撮影に来ているらしい。久留里線も結構人気があるようだ。
 昭和32年度、富岡中学校卒業生は53名、そのうち8名の方がご逝去されました。本日の出席は21名。半分近くの方が出席されたのです。懐かしい顔ぶれ、楽しいひとときを過ごしました。
 現在も第一線で活躍している人、趣味とボランティアで充実した生活をしている人・・・・それぞれが自分の人生を楽しく過ごされていることは素晴らしいことです。
 今回、東京で和菓子屋を経営しているHさんがお祝いとして我々に紅白饅頭をプレゼントしてくださいました。妻と美味しくいただきました。ありがとうございます。
 近いうちに又会いましょう。と言うことで閉会しましたが、とても楽しいひとときでした。
 地元の幹事さん、本当にお疲れ様でした。近いうちに又お願いいたします。
Posted at 17:46 | 未分類 | COM(4) | TB(0) |
2012.10.13

モモちゃん


 金曜テニスオフ(10/12)に蓮沼から参加されたMさんの愛犬「モモちゃん」(ヨークシャーテリア・♀・4歳)です。とてもお利口さんで、リードにも繋がれず自分の椅子にきちんと座って最後までお母さんの応援をしていました。我が家の雪次郎にもこんなことが出来たらなあ!
 今回の金曜テニスオフの優勝者は、今回初めて船橋市から参加された、井上慎太郎さん(4戦全勝)です。井上さんは試合前に、自分に聴覚障害があるので、ジャッジやカウントのコールを動作で示して欲しいと要望がありましたので、その都度大きくアピールしました。
 長身から繰りだすサーブは早くて重い。ストロークも同様。ちょっと甘いボールを返すとすさまじいアタックボールに襲われる。軟式庭球時代のストップボレーの要領で対応するのだが、腰が引けているのが良くわかる。とにかくのびのびとプレーする姿がとても爽やかです。
 私などとても勝てる相手ではありませんが、でももう一度対戦して、強烈サーブやアタックボールを柔らかく返せたらなあ、30歳も若い井上さんに対してとても不遜だと思いますが、70の手習いです、お許しください。
Posted at 09:35 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.10.11

立身流新田神社奉納演武大会


 新田神社は大田区矢口にあり「新田義興公」(新田義貞の次男)を祭神とする神社です。1358年、10月10日、義興公が矢口の渡で憤死し、祟りを鎮める為、新田神社として創建したと言われています。毎年10月10日を例祭日としています。立身流矢口支部がこの日に演武大会を開催するようになって今年で27年目になります。現在は立身流矢口支部長、吉田龍三郎氏の下、会員の皆さんのご尽力でこの行事を運営しています。地域の行事としてすっかり定着し、この日を心待ちにしている方々が大勢おられます。
 東急多摩川線、武蔵新田駅をおりて、3~4分閑静な住宅街を歩くとすぐ新田神社に到着します。700年の樹齢のご神木(欅)が私たちを迎えてくれました。
 この日は、招待演武として天然理心流心武館館長大塚先生ご一門の沢山の方々も演武され、非常に盛会に演武は披露されました。観覧される方が非常に多く、準備したベンチがすぐ不足して、演武者の椅子を提供してもまだ足りない状況でした。
 観覧される皆様の見学マナーが素晴らしく、皆さんの発する集中した「気」が演武者の大きなエネルギーとなり、普段の稽古の成果を思う存分発揮することが出来ました。
 境内を覆う演武者と観覧者と一体となった清心な空気!これは立身流矢口支部の皆さんのたゆまぬ精進と、地域と神社が親しくされてきた素晴らしい証でありましよう。
 帰りに、ご神木に触れながら、体内の陰の空気を一気に放出し、新たな気を入れて心を浄めました。来年も10月10日ここで演武させていただくことを願って。
Posted at 11:46 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.10.06

アンダー サーブ

 本日(10/5)のテニスオフ金曜交流ダブルス大会の参加者は10人(男性5人、女性5人)でした。今回初めて参加された方は2人。東京から車で参加されたSさん、市川から参加されたハンドルネーム「キンゾーさん」を迎えて、いつも通り全員が4試合を実施しました。
 涼しくなったせいか、酷暑の時のような熱中症になることも無く4試合を終わることが出来ました。今回、ハンドルネーム「キンゾーさん」を紹介します。
 非常に低いトスから強烈なカットサーブ、あるいはアンダーサーブ。いくつものバリエーションがあるらしくバウンドがその度に違う。中学校時代、軟式庭球でこういうサーブは経験があるが・・・リターンミスの連続。試合展開はスライス主体だが、強弱使い分けて良いように翻弄されました。後でお話を伺うと、
 今年の1月大きな交通事故で右肩負傷、今は筋がつながっていない状態、そのために編み出された秘術がアンダーサーブ、スライス主体のゲーム展開のようです。もうすぐ手術、手術後3ヶ月はテニスが出来ない。しかし完治すれば以前の自分のテニスが出来る。
 なんと、私を翻弄した、あの技がハンデイキャップをカバーするための仮の姿だったとは!完治した後のキンゾーさんのテニスってどんなテニスなんだろう?是非拝見したい。しかし、アンダーサーブ、ドロップボレーにも挑戦したい。
 一番最初はおっかなびっくり参加した、金曜交流ダブルス大会ですが、素晴らしい方々との出会いで視野が広がるのがとても嬉しい。今後も色々な方との出会いが楽しみです。
Posted at 10:31 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.10.02

高校生と真剣勝負


 千葉県立八街高校は二期制で現在秋休み中です。本日(10/2)テニス部の皆さん(男子13名、女子5名)が交流試合の為、グリーンテニスクラブを訪問してくれました。迎え撃つ社会人は14名(男子7名、女子7名)です。女子ダブルス、ミックスダブルス、男子ダブルスの合計22試合が行われました。
 高校生は若い!パワフルです。のびのびと打つボールは早くて重い。カウントに関係なくマイペースで仕掛けてくる球は非常に迫力があります。今までこういうタイプのチームとは試合をしたことがありませんので、とても期待して試合に臨みました。エキサイテングでドラマテックな試合が出来ました。若さに対抗する年よりの私の作戦は、
①絶対にストローク勝負はしない。
②早くて、重いボールをゆっくり、深く返すように努力する。ブロックリターンを多用。
③深く返せた場合はネットに詰め、ボレーで勝負する。
結果は「上手くいったこともあれば、失敗したこともあるさ」でした。
 今回、本当に良く来てくれました。いつもの小父さん、小母さん達のゲームとは一味違った爽やかなゲームが出来て嬉しかったです。こんな機会にとても感謝しています。次の機会が楽しみです。

 
Posted at 19:46 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.10.01

ピノ君


 本日(9月30日)はMさん一家のテニスday。愛犬のピノ君(チワワ・♂・6ヶ月)も一緒にお供をして見学です。ケージの中で静かに家族の練習を観戦していました。
 あまりにもおとなしいので、ケージから出されるまで、中に彼が入っていることに気付きませんでした。とにかく可愛い。私は大型犬・中型犬と接する機会が多いせいか、ピノ君は別の動物を見る感じがします。現在の体重は2kgとのこと。我が家の雪次郎も小型猫の部類だと思うが4kgあります。猫より軽いピノ君、大きな耳で空も飛べそうです。可愛そうに、荒くれ男達が色々と飛ばすジョークに心が傷つくのかお母さんの胸にしっかりとしがみついている。
 早くテニスコートに慣れ、コートの中を自由に飛び回ってください。そして、機会があれば我が家の雪次郎とtwo-shot。きっと良い絵になるのでは?
 
Posted at 11:11 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |