2012.09.26

迫力


 立身流棒術の特色は棒の長さ(6尺)を常に意識した操作です。遠い棒の間合からの攻撃に対して、太刀は躱しながら踏み込まねば決まらない。この間合いの攻防が棒術の形の生命です。現在、鈴木さんが棒術に取り組み中。彼はとても優しい性格です。
 今年の5月、スペインから女性剣士が立身流を学びに来日した時、剣術のパートナーを鈴木さんにしました。彼女が不安で緊張している様子が良く見えたからです。「He is the right person to your practice pertoner.」私の期待に応えて、かれはとても優しく、打太刀を務めました。女性も、すぐに普段の自分の動きを取り戻し、彼の優しさにとても感謝していました。
 しかし、彼のウイークポイントはこの優しさです。居合では私がうらやむような柔らかい動きをするのですが、剣術の場合迫力に欠ける。特に打太刀の時、相手に当たることを恐れるのか遠慮して打ち込んでいるのが見え見え。
 そこで今回、棒を学ぶのが良い機会です。迫力ある演武の為、彼は籐の棒で稽古しています。籐は軽くて、柔らかく、相当強く相手に当たっても怪我をしない。だから彼に『当たるように打て!』と言っています。しかし・・・やはり、彼の動きは緩い・・・だから、私の言葉もついつい過激になります。しかし、これから彼は少しずつ、激しく、厳しい動きを身に付けていくでしょう。
 4ヶ月後、彼が写真と同じく構えた時、敵を圧倒する迫力が伝わりますように!。
スポンサーサイト
Posted at 13:33 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.09.18

個癖の修正


 立身流の長刀は形の本数は少ないが、動きは激しく、早い動きが必要です。鎗の突き技に加えて、長刀特有の、斬る、薙ぐと言う多彩な技を使います。そして、戦国時代の長刀は重い。
 今年の1月、私が長刀の稽古中、背中に激痛が走り、しばらく左腕が上がらなくなったのは、長刀の重さが原因です。現在、伊藤さんは長刀に挑戦中。伊藤さんのウイークポイントは、私と同じく体が硬いこと。ですから、私のようなダメージを受けないように、今は軽い長刀で稽古しています。
 特に「かぶり身」の構えから敵の水月に突きを入れる技が決まらない。石井君と同じく鏡に向かって何度も繰り返すのだが、どうしても後ろ足が残る。本人もわかっているが・・・苦しんでいる。体の硬い私は、彼の苦しみが良くわかる。しかし、すぐには直らないだろう。自分の個癖を自覚して、日々意識して技を使い、無意識に動けるようになったとき、個癖は修正されたことになる。
 このように、本人が自分の個癖を自覚して努力しているときは、指導者は余計なことは言わない方が良い。ただ、温かく見守るのみ、そして、進歩を見つけた時、思い切り誉めよう!
 
Posted at 18:13 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.09.17

伝達講習会


 9月16日(日)9:00~16:00千葉県武道館にて、千葉県剣道連盟居合道部主催の「伝達講習会・審判講習会」が開催されました。
 これは、日本剣道連盟の制定した居合の形12本(制定居合)を正しく普及するため、毎年京都で中央講習会が開催されています。千葉県から、高橋祐治 教士8段、輿島宏 教士8段、山田博 教士7段、の各先生方が受講されました。その伝達講習と次週に迫った千葉県居合道大会の審判講習を合わせて行いました。
 最初の講義では、高橋先生の解説による輿島先生の演武、特に中央講習会で細かく言われたことは何度も繰り返して演武をしていただきました。その後、山田先生の指導で前の講義の留意点を確認しながら全員が演武しました。この日の受講者は116名、一斉に演武出来ませんので二つに分かれて演武しました。
 午後は審判講習会。6段以上審判を予定されている人は、しっかりと指導されました。入場から審判席の着席、号令、旗の上げ下げという所作は勿論、模擬試合で自分が下した判定理由をマイクで全員に説明する。言いかえれば当然審判が持っていなければならない資質「観る目」を問われた講習会でありました。
 二人の選手のどちらかに勝ちを宣告しなければならない冷静な目、これも普段から我が身の稽古を通して養わなければならない。と痛感しました。しかし、審判は本当に疲れる。
 




Posted at 10:46 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.09.14

まさか、引き出しに!


 我が家のペット騒動のほとんどが「雪次郎がいない?」
 過保護だと思うが、聴覚を失い、母猫に捨てられた彼が不憫で、どうしても”守ってやりたい”という気持ちになる。
 一方、雪次郎はそんな我々の気持ちがうっとうしく感じるらしく、時々行方をくらます。ゆったりと孤独を楽しみたいのだろう。
 しかし、狭い家の中、どこに隠れているか、総て把握しているつもりだった。まさか、引き出しに隠れていたとは!・・・・しかし、雪次郎は何をやっても絵になる。
 もしかして、近々ゲームに登場か?・・・・待ち遠しい!
Posted at 17:27 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.09.10

考えるな。感じろ!


 Out of focus で申し訳ありません。早い動きに私のデジカメはついて行けません。 
 立身流の長物(鎗、長刀)対太刀の形で難しいのは、長物の初撃を躱した太刀が間合いを詰めてくるのに対して鎗や長刀がどのように対処するかです。十分腰を入れて突き込んだ後、太刀の攻めに応じて後退するのは練度が要求されます。
 石井さんもそのことで悩んでいます。下がることを意識した突きは威力に欠け、思い切り突き込んだ場合、その後の進退が思うようにいきません。『これは数をかけるしか無い』鏡に向かって納得するまで一つの形を繰り返すよう指示しました。汗だくになって繰り返していくうちに、動きが少しずつスムースになってくるようです。
  Don't think. feel!(考えるな。感じろ!)カンフー映画の大スター、今は亡きブルースリーの映画の中の一言が突然思い出されました。ブルースリーの言う「感じる」とは五感をとぎすませて意識を集中させることを説いているのでしょう。しかし、石井さんの場合、鏡の中の自分がスムースに動くことを感じているのでは?
 このような感じる体験を経て人は向上するのでしょう。だから、私も感じる体験をまだまだ得たい。
Posted at 23:55 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.09.09

手裏剣(2)


 立身流演武大会(1997年12月14日 佐倉市民音楽ホール)で四寸鉄刀(手裏剣)を演武いたしました。立身流の手裏剣術の演武は打剣後、居合で斬りつけます。この演武大会は立身流が伝える総合武術の様々な術技の数々を公開し、さらに各術技ごとに著名な流派を招き、演武をしていただきました。これは、立身流と他流との違いを踏まえた上で、それぞれの特色が観覧者にわかっていただくことが目的でした。このような比較演武会は初めての試みだったと想います。
 私にとって、手裏剣術の演武は初めての体験でした。一度手から離れたら修正不可能な手裏剣術、これほど演武場の環境(気温、湿度、ライトの熱)などに作用される術技はありません。だからこそ、精神と体の運用の一致を目指すには最適だと思っています。
 演武大会から15年、私の打剣スタイルも多少変わりました。この変化が手裏剣だけの体の運用ではなく、居合・剣術、日常の行動に活かせるようになって、本当の進歩と言えるのでしょう。
 この日、多くの武道関係の方々が取材してくださいました。四寸鉄刀についての感想を要約すると、次の2点になります。
(1)手裏剣術の現実的な用法を見事に表現している。
(2)様々な状況を生き抜く昔日の武士にとって、手裏剣術が必須の術技であることが理解できる。
Posted at 12:56 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.09.06

スポーツ吹き矢


 毎週木曜日、10:00~12:00、八街市中央公民館でスポーツ吹き矢の練習会が行われています。我々は何気なく呼吸していますが、この呼吸を意識して深く吸い込み、ためて、一気に吐き出す。たったこれだけの事ですが、奥が深く、稽古の数をかけた人の動作の一つ一つに、武道や踊りのような重みを感じさせます。
 的までの距離はレベルによって6メートルから10メートルまで分かれ、25cm四方の的に向かって、精神を集中して一吹き!得点は中心から7点、5点、3点、1点・・・中心に命中したときの爽快感、完全にストレスから解放されます。点外の時の喪失感も又言うまでもない。
 本日の吹友は16人、8月は夏休みの為1ヶ月ぶりの練習会です。
 日本スポーツ吹矢協会は段位制度を取り入れています。意欲のある方はどんどん昇段しています。私も自宅に10メートルの吹場があるのですが・・・あまり稽古熱心ではありません。未だ無段。
 1日5射で良いから続けようといつも思うのですが・・・手裏剣・居合が優先してしまう。
 1ヶ月間、私以外の吹友は日々の精進怠り無く過ごされたようで、益々差がつけられた事を実感した練習会でした。
Posted at 16:12 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.09.03

被災地に除湿器を!


 第3回夕涼みコンサートが9月1日(土)10:00~八街市文違・イオン駐車場で開かれました。
 閉会式の外崎氏の挨拶によりますと、このコンサートは、NPO法人ひまわりの家理事長、三上勝利氏のピアな気持ちを受けて、NPO法人WAF子どもネット理事長・寺田氏が実動部隊となり、たくさんの団体・個人の支援のもとに出発したそうです。私もこのイベントには1回目から参加させていただいております。
 今回の『心の復興プロジェクトチャリティー・今東北を考える・』は「被災地に除湿器を!」
 被災地の様子については近頃報道が少なく、我々は復興が進んでいると思いがちですが、現状はまだまだ大変な状況です。そして、今夏の酷暑の中、仮設住宅で生活する人たちにとって除湿器は必需品。
 今回のコンサートはプロの皆様の参加が多いことが特色でした。八街高校、千葉黎明高校の軽音楽部の若さ溢れる演奏の後、プロの皆様の素晴らしいステージが続きました。これも皆、三上氏のピアな心に賛同して集まってくださったのです。「北海道・東京・千葉のコラボレーション」と司会を務めてくれた歌手の愛鈴(エリ)さんが紹介されましたが、素晴らしいステージをありがとうございました。
 こんな素晴らしいステージなのに来場者が昨年より少ない。途中何回も雨に降られてテントに避難する場面もありましたが、しかし、もっと多くの皆様に来て欲しかった。来年は私も客集めの方法を主催者と共に考えて、多くの方の来場を待ちたいと思います。今回のイベントによりたくさんの除湿器が被災地に送られることを祈ります。
 閉会の挨拶をされた外崎さん、お疲れ様でした。全体を見る目、細かなアドバイス、ステージを盛り上げようとする心遣い・・・1回目から敬服しています。
 「今、私の出来ること?」考えさせられた貴重な1日でした。
Posted at 13:21 | 未分類 | COM(1) | TB(0) |
2012.09.02

もうすぐお別れ

DSCN0929(2).jpg


本日(9/2)ベニイ君帰ります。
又、来てください!

Posted at 07:54 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |